南太平洋が「4つ星」の納得価格 2017年度 ミッツィー・ゲイナー

「バリハイ」のムーディな音楽も!フランス・ニュイエン演じる島の娘リアットが手話のような身振りをして!それに合わせて歌われている「ハッピー・トーク」も耳に馴染の有る音楽です。この島は日本軍と戦闘を展開していた南太平洋の島じゃないだろう!って。。

これっ!

2017年03月24日 ランキング上位商品↑

南太平洋 ミッツィー・ゲイナー南太平洋 [ ミッツィー・ゲイナー ]

詳しくはこちら b y 楽 天

昔、テレビ放送もしくはVHSビデオなどで何度か観たような記憶があり、「バリ・ハイ」のメロディを聴いてそれを思い出しました。最初の部分だけ見ましたが、やはり素敵です。音楽は出てくるのですが内容までは?■1958年アメリカ公開映画「南太平洋」のDVD■日本では今から56年前の1959年11月に公開されたそうです。ただ!リアットがやっている身振りは!ハワイのフラダンスの身振りじゃないの?って思いましたけどね。我が家のTVではあの魅力が味わえないので!どこか旅行に行った時!ホテルで見る予定。ずっと見たがっていたんですが!なかなか手に入らず!たまたま楽天で調べたらあったのでプレゼントに購入!とっても喜んでくれました!名作ミュージカルですが!やはり迫力を感じるには大画面が必要。ま、それはともかく、主演のミッツィー・ゲイナーがピチピチと弾けるような体型で、昨今の細いモデルさんや女優さんと違ってとても健康的で嬉しくなります。舞台背景が第二次世界大戦中で、南洋において我らが日本軍と、敵国であるアメリカ軍との戦闘時期である為に、日本人である自分がこの映画を観るに当ってはちょっと嬉しくない点がありますが、あくまでも人間ドラマとしての側面から娯楽映画として観るならば許容できる範囲で楽しめる作品です。昔の映画を思い出しました。当時のテクニカラー映像が美しく!時にセピア!ブルー!黄昏色などにフィルターを掛けたりして演出しているようですが!それはそれで面白いです。